障連協予算要望懇談会

姫路障害者連絡協議会(障連協)の予算要望懇談会が、七月十日に開催されました。

  姫路障連協は、障害の違いを超えて障がい者本人やその家族、支援者が集まってつくられた会で、今年で七年目を迎えました。毎年、要望をまとめ、姫路市の関係当局と懇談会をもっています。

  今年も、その要望をまとめる会を、台風八号が接近する中開催しました。幸い、警報はでませんでしたが、足元が悪い中、多くの方々にご参加いただきました。

  自己紹介をしながら、それぞれの要望を出していただきました。いろいろ出されましたが、今まで気がつかなかったこととして、多目的トイレはだいぶ整備されてきましたが、その中にベビーベッドはあっても、大人のベッドがないということです。確かに、ベビーベッドは小さく高さもあるため、低い大人用のベッドを必要とする障がい者もいます。やはり、当事者やその家族の意見を聞かないとわからないこと、気がつかないことがたくさんあります。

  当事者でないとわからないといえば、新しく整備された姫路駅。現代和風建築をコンセプトにしており、評判も上々だと思いますが、残念なのは駅北側の正面広場の点字ブロックが、黄色ではなく茶色だということです。デザイン、色調の「調和」とい点から茶色にしたということですが、まったく障がい者の立場に立っていません。 

  弱視の方にとっては、黄色が一番識別しやすいということで、点字ブロックが黄色になっているわけで、ただ凹凸があればいいというものではありません。「ユニバーサルデザインのまちづくり」と言いながら、本当に残念です。これからの、まちづくりには障がい者の意見や視点をしっかり反IMG_1531映させなければなりません。

 写真二枚アップしましたが、下の写真はこの三月完成したJR野里駅のエレベーターです。野里駅のバリアフリー化については、障連協の要望として取り組んできましたし、私も議会で取り上げ実現することができました。声を上げることは、大事です。

  雨の中、ご参加していただきありがとうございました。IMG_2993

今話題の「政務活動費」

今、毎日テレビ等で例の兵庫県議の話題で、いっぱいです。私も、「あれは、一体どうなっているのか。議員は、やっぱり視察が多いのですか。」などと、よく尋ねられるようになりました。

 産経新聞にも、「税金である政務活動費の厳正な使い方と監視を求めたい」と、社説に書かれていましたが、まさにその通りだと思います。

 姫路市会議員の政務活動費は、一人月8万5千円です。議会改革の取り組みの中で、姫路市議会では、平成20年4月からに「政務調査費運用マニュアル」をつくり、平成24年からは、「政務活動費運用マニュアル」に基づき、1円からの領収書添付が義務付けられています。

 また、研修会のような会費は、○ですが、団体等の会費や飲食を目的とした会費は、×です。

 さらに、日帰りでも泊でも視察については、目的や日程・必要な交通費等をあらかじめ議長に申請をし、決済が下りなければ、支出できません。

 帰ってきたら、領収書はもちろん、いただいた資料や交換した名刺のコピー、現地での写真等を添付して、議長に提出することになっています。

 先日行った福岡等の視察についても、きちんと手順を踏んで手続きを行っています。

 そして、何より市民の貴重な税金であり、議会活動に役立ち、市民に還元できる視察になるようにと、心がけているつもりです。

 ですから、あの県会議員は、なぜあのようないい加減な使い方ができたのか不思議です。

 日本共産党兵庫県議団は、今回の問題に対して「不明瞭支出の必要な調査」と「使途の透明性の確保」を議長に申し入れ、県民・国民からの厳しい声をしっかり受け止め、政務活動費の使途、透明性の一層の改革に全力を尽くすことを明らかにしています。

 今回の問題を教訓に、姫路市議会においても、政務活動費の今まで以上の厳正な使い方、透明性の確保を図っていくことが、求められていると思います。

朝宣伝を始めました

先月から、第2第4水曜日の朝7時半から、北平野事務所前とツタヤ広峰店前で、朝宣伝を始めました。

 今朝は、事務所前での宣伝を行いました。「日本を戦争する国にしていいのでしょうか。愛する人や大事な子どもたち・未来の子どもたちを戦場に送らないためにも、今私たち大人が声を上げるべきではないでしょうか。日本は、大きな歴史的岐路に立っています!」と、訴えました。

 

事務所前は、マイカー通勤の人が多いのですが、広嶺中の生徒もたくさん通っていきます。「おはようございます。いってらっしゃい!」と、手を振ると、中には手を振り返し「頑張ってください」と、声をかけてくれる生徒さんもいます。ものすごく、励まされます。

 また、東洋大付属中学のスクールバスも通るのですが、そのバスの中からも手を振ってくれる生徒さんもおり、本当にうれしく思います。冷やかし半分の子もいますが、素直に手を振ってくれているというのは、わかります。

 未来の有権者、頼みますよ。IMG_1698IMG_1700

兵庫県赤旗祭りに参加して

IMG_1684兵庫県赤旗祭りに参加して

 神戸・メリケンパークで、兵庫県赤旗まつりが開催されました。谷川地域からは、大型バス1台を出し、補助席を使っての満席で、後援会のみなさんと参加しました。

 心配していた天気も、なんとか持って、歌あり、山下書記局長の講演ありの、食べたり飲んだりと、楽しく過ごすことができました。

 来年のいっせい選挙にむけて、各自治体の候補者紹介も、面白おかしく演出がされ、盛り上がりました。

 これから、徐々に選挙モードに入っていきますが、アクセル踏んで、頑張っていきたいと思っています。

 子どもの医療費無料化や集団的自衛権の問題、介護
IMG_1689や医療の問題など、共産党の出番は待たれています。

佐野あや子さんのしのぶ会に出席して

佐野あや子さんのしのぶ会に出席して

 新日本婦人の会の会員で、平和運動に一生を捧げ、昨年八十九歳で亡くなられた、佐野あや子さんをしのぶ会があり、出席しました。

 佐野さんは、晩年体調を崩されるまで、毎月6日と9日の日は、姫路山電駅前で「核兵器廃絶を、子どもたちに平和な社会を」をと、訴え続けてこられました。

 私が、姫路に来て誰も知りあいがいない時からの知り合いです。女性としても、活動家としても、大先輩であり、お手本となる人でした。

 今、安倍内閣が「集団的自衛権の行使容認」を閣議決定したことに、天国から抗議していることと思いますし、私たちに「がんばれ」と、叱咤激励していることと思います。佐野さん遺志をついで歩いていきます。
IMG_1677

九州への視察と医師会との懇談会

 

 九州への視察と医師会との懇談会

 7月1日から2泊3日で、福岡市、福津市、八女市、武雄市に共産党議員団として、視察に行ってきました。

盛りだくさんの内容で、とても中身の濃い充実したものとなりました。

 福岡市は、福岡大学に行き、地質の専門家でいらっしゃる松藤先生から、エコパークあぼし爆発事故と土壌の関係について、詳しくレクチャーを受けました。

 エコパークあぼし爆発事故については、ようやく被害者と姫路市・神崎組との和解が成立したところですが、爆発事故の責任の所在は明らかになっていません。

 しかし、このたび松藤先生のお話をお聞きして、そもそも「埋立地とはどのような特性があるのか。また、その上に建物を建てるときは、何に注意しなければならないのか」という、一番基本的なことが欠落していたために、惨事につながったのではないかという思いを強く持ちました。

 松藤先生は、私たち素人の質問にも、誠実にお答えいただき、疑問が解けた思いがしました。「福岡方式」と呼ばれている、処分場の現場やその跡地利用の現場も見せていただきました。処分場の特性を知り、科学的手立てをしっかりとれば、安全に跡地利用ができるということも一定理解することができました。IMG_1653IMG_1645IMG_1642

Page 100 of 102« First...102030...9899100101102