新着情報
2018年1月17日 ブログ
核兵器禁止条約に日本政府も署名を
2018年1月17日 ブログ
1.17
2018年1月16日 ブログ
行政視察
2018年1月8日 ブログ
成人式
2018年1月7日 ブログ
2018年01月07日の記事

選挙終盤に向けダッシュ

IMG_3703[2] pKIMG0277KIMG0286 昨日は、TSUTAYA広峰店前からスタートでした。午後には、参議院議員でもある市田忠義副委員長が稲村さとる候補、堀ゆずる候補の応援と共産党の押し上げのため、姫路入りしました。駅前で街頭宣伝を行いました。通行人も足を止めて聴いていただき、多いに盛り上がりました。

 自公で半数は、絶対取らせてはなりません。比例は共産党、共産党。ぶれずに頑張る日本共産党、大きく躍進をさせてください。

日本共産党稲村さとる候補 雨の中を駆ける

KIMG0266 自称晴れ男の稲村さとる候補ですが、今朝は小雨降る姫路駅からスタートです。関西テレビが稲村候補の選挙活動を取材したいということで、昼の昼食休憩からテレビカメラが入りました。いつも通りがいいと、あまりテレビでお見せするような場所ではありませんが、事務所奥の台所でみんなでほか弁を食べながら雑談をしている場面。後援会の人たちが表の事務所でハガキ書きをしていつ様子。

 昼の休憩後の第一声は、大寿台で行い、近くの支持者が出て来て演説を聴いてくれました。そのシーンも取材。夕方の谷川事務所前のお帰り宣伝には、大勢の後援会員が参加し、多いに盛り上がりました。車の中から手を振っての応援に、共産党への期待の高まりを感じました。その場面もしっかりと取材していただきました。

 また、横関信号前での宣伝では、次々と車の中から手が振られ、演説が前に進まないぐらい、「ご声援、ありがとうございます。」が続きました。この間の最高の反応で、鳥肌が立つ思いでした。別の場所でも、元読者が出てきてくれて、畑で採れたさつま芋をいただき、赤旗日曜版の再購読も約束していただきました。アナウンサーのボランティアをしてくれた方も購読を約束していただいたので、今日は赤旗日曜版が2部も増えました。感動のドラマの1日でした。

 

こくた恵二来る

KIMG0256KIMG0254 昨日は、前半の盛り上げということで、国会対策委員長・選対委員長のこくた恵二前衆議院議員が稲村候補の応援に駆け付けてくれました。やっぱり、迫力がありますね!!

 安倍首相がテレビや街頭で絶対言わない2つの数字。アベノミクスで景気が良くなったと言っているが、働く人の実質賃金は、年間で10魔円も減っています。もうひとつは、家計消費が1世帯で、年間22万円も減っています。

 これでは、景気回復の実感がないのは、当然です。その一方で、大企業の内部留保は、400兆円を越えました。超富裕層上位40人の資産は、安倍政権のもとで2倍になりました。格差拡大だけが進んでいます。

 1%の富裕層や大企業のための政治ではなく、99%の国民のための政治を❗

2017年10月10日の記事

KIMG0248KIMG0250 稲村さとる出陣式が本町の事務所前で行われました。今日も朝から快晴です。稲村さとる候補は、元気いっぱいにスタートしていきました。

本番前最終日

KIMG0242 世の中、一般的には3連休ですが、本番前最終日となった今日は、ピオレ前での宣伝を行いました。多くの後援会のみなさんが出てきてくれて、多いに盛り上がりました。

 教育・子育てを口実に10%消費税増税とんでもありません!! 8時間働けば普通に暮らせる社会を 憲法9条は世界に誇る日本の宝 安倍政権にキッパリNOの審判を

 いよいよ明日から本番です。悔いの残らない選挙戦にしたいものです。

祭りと選挙

KIMG0234KIMG0237 今日は、昨日とうって変わって、朝から青空です。白国町は、祭りです。久し振りに、お会いする人など、出会いも楽しみです。声をかけ、こちらから、「また、選挙始まりますが、よろしくお願いします。」とあいさつを交わしたりもします。しかし、「祭り利用して!」と思われるのもどうかと、遠慮していますと、向こうから「忙しいのでしょう?」と聞いてきます。

 一番ビックリしたのは、昔電話で「共産党お願いします。」と電話かけした時、「うちは、民主党です。」とはっきり断られた方が、私の顔を見るなり、「今度は、安倍さん、倒してくださいよ。私は、自民党と巨人がキライ❗」

 世の中、確実に変わってきています。共産党の稲村さんは、祭りを妨害しないようにと、宣伝カーのコースを考えています。一方、今度自民党から出られる方は、あっちの祭り、こっちの祭りと顔を出し、夕べは、花の北を廻った白国の屋台にウロウロしていたそうです。

 宣伝カーで正々堂々と政策や公約、また、なぜ自民党からなのか言うことができないのでしょうか。その反面、稲村さんは、毎日宣伝行動を行い、「国政の私物化、民意無視の安倍暴走政治にストップを❗」と頑張っています。

Page 5 of 91« First...34567...102030...Last »