久しぶりの花北宣伝

14922594281311492243068670 共産党議員団の2017年第1回定例会の市会報告が出来上がりました。それを持って、花北で久しぶりの街頭宣伝を行いました。選挙でもありませんが、それでも車から手を振ってくださる方もあり、うれしかったです。このサテイ、今はイオン花北店と呼ばれていますが、この場所は私の街頭宣伝の原点です。5期目の議員生活も、2年が過ぎ折り返しとなりました。原点に戻り、気持ちも新たに頑張りたいと思いました。

違算対策の周知徹底の通知

 違算対策の周知徹底の通知が、副市長名で各局長に、財政局長・総務局長名で各工事担当課長に出されました。

 違算、つまり積算の誤りについては、私が2月議会で「職員の不祥事根絶と公正な入札につて」ということで、取り上げたところです。その中で、私は、「正確な積算をするための対策について」ということで、「若手職員の育成や入札前にそれぞれの課でのチェックを行うことはもちろんのこと、全庁的なチェック体制の確立を図るべくではないか」と質問しました。

 また、私が属しています総務委員会の委員長報告でも、「積算誤りの責任を担当者個人に負わせるのではなく、組織の責任として受け止め、同じ誤りを繰り返すことのないよう工事担当部局の全職員に周知徹底するとともに、公平公正な入札を実施するため、『建設工事等の入札・契約からの不正行為の根絶、公正な競争の促進に向けた取り組み』を積極的に推進されたい」と要望することができました。

 副市長名での通知は、「市が発注する工事等の積算については、・・・・いまだ、設計者の不注意等により入札を中止する事案が散見され、このたびの市議会本会議においても指摘を受けたことは誠に遺憾である。・・・・設計積算に係る組織的なチェック体制を強化し、対策の徹底を図るよう、改めて厳命する。」としています。

 私は、議会に送っていただき、ちょうどこの4月で、18年が経過しましたが、今まで本会議で取り上げたことが、このような形で改善が図られるのは、初めてのことです。職員も「違算」については、業者からも強く指摘されるなど苦しんできました。これで、組織全体で正しい積算に取り組み、そのことが、公正な入札に繋がり、不祥事も根絶されたらと思います。

ようやく桜が見頃

149154740071114915474424721491547477716 今日は、全市的に小学校の入学式ですが、増位小学校は、なぜか昔から午後からの入学式です。心配していた雨も上がり、桜も見頃で、いい入学式でした。

 白国は、お城の回りより桜の開花時期が若干遅いのですが、ほぼ見頃を迎えています。

2017年04月06日の記事

DSC_0359DSC_0369 認定こども園「わんずまざー保育園」は、4月1日付けで認定が取り消され、閉園されました。しかし、これでこの問題が終わったわけではありません。なぜ、定員を大幅にオーバーしたり、不適切な給食の提供など多くの法令違反が行われたのか。認定のあり方、監査のあり方は、適切だったのかなどが問われています。

 そうした中で、共産党県会議員団と私たち市会議員団が合同で、こども政策課、こども保育課、監査指導課に来ていただき、それぞれ聞き取り調査を行いました。委員会や新聞報道等で明らかになった点もありますが、まだまだ解明されていない点について、確認させていただきました。

 地方裁量型で県が平成27年に認定したわけですが、定期監査は今年の2月。なぜ、認定から2年後の監査だったのか。市の説明は、「国が監査について示したのが、28年12月だったので、年が明けてからのこの2月になった」ということでした。国は規制緩和を進める一方で、法整備が追いついていなかったのではないかと思いました。また、認定は県で、監査は市。責任が、曖昧になっていたのではないか。認定の審査は、全て書類のみ。うそはなく、全て正しいことが前提になっている。

 今後、市は地方裁量型の認定こども園を、県は全ての認定こども園に対して、調査等を行うとしていますが、市民が安心して子どもを預けることができる保育行政をどう進めていくのかが問われています。

安室後援会行事

14911101273921491110102086149111031948114911101955711491110229233 安室共産党後援会の恒例行事となっている、まち散策。今年は、三木家住宅、敬業館、グリーンステイション鹿ヶ壺と、安富までドライブしてきました。春の日差しが降り注ぐ、行楽日和でした。三木家住宅では、ボランティアガイドの方が熱心にガイドをしてくださいました。納屋の柱には、百姓一揆による屶で切りつけた跡がありました。

 敬業館は、藩がつくった学校で、全国では奈良とここしか、残っていないとか。当時の藩主は、武士の子だけではなく、百姓の子も学問は必要と、希望者は通うことができたそうです。

 グリーンステイション鹿ヶ壺では、たくさんのかかしが私たちを迎えてくれました。そして、今にも動き出しそうなお雛様たち。

憲法が輝く兵庫県政をつくる姫路の会

14909643614091490964325337 今日で3月も終わり。市役所は、今日が平成28度最後の日で、明日から新年度が始まります。退職された方々、長い間お疲れ様でした。

 6月に知事選挙が行われますが、憲法が輝く兵庫県政をつくる会から、津川知久さんが立候補します。津川さんは、洲本生まれですが、高校は姫路西高を卒業され、名古屋大学を経て、高校の教師をされてきました。姫路の会の総会であいさつをされました。

 自分が県知事候補になることは、想定外だったが、無理のない選択だった。今の県政を見ると、知事にならなければならないと思う。少数与党で大変だが、県民の生活を支える県政にしていきたいと。

 温かいお人柄を感じ取れる、ご挨拶でした。今の県政は、安倍内閣追随の、県民に負担を押し付ける県政です。子どもからお年寄りまで、安心してくらせる兵庫に❗がスローガンです。そして、子どもの成長・はたらくものの生活を守るためにも みんなと一緒に❗

 みんなで兵庫を変える❗

Page 4 of 81« First...23456...102030...Last »