ブログ

防災 避難訓練

20210905_09370920210905_094147 増位校区主催の防災のための避難訓練がありました。コロナ禍ではありますが、当初の予定を縮小して、予定通り訓練が行われました。訓練と言っても、放送の合図とともに、増位小学校に集まり、検温をして、アルハアー米とマスクを受け取り、体育館に展示してあるテント等を見るというものです。当初は、姫路市の危機管理室の職員による講演も予定されていましたが、クラスターの発生により無くなりました。

 しかし、増位小学校区としては、数年ぶりの訓練であり、新たな機材等を実際見ることができて、良かったです。

 

総選挙間近

20210904_142414 菅首相が突然の辞意表明を行いました。民意の反対を押しきって、東京オリンピック・パラリンピックを強行開催、新型コロナへの 無為無策など国民の世論と運動に追い詰められての辞任です。「国民のための政治」を掲げてきましたが、そもそもアベ政治の継承であり、権力の保持のみの一年ではなかったでしょうか。

 いよいよ、総選挙です。政治を変える絶好のチャンスです。自民党のトップ、顔を変えても、これまでの自民、公明の国民いじめの政治は変わりません。もう、これ以上自民、公明の政権に私たちの生命と暮らしを任すわけにはいきません。希望が持てる政治にご一緒に変えて行きましょう。日本共産党は、市民と野党の本気の共闘で、新し政権をつくるために、全力でがんばります。太田清幸11区予定候補といっしょに、早速外に出て訴えて回りました。

新型コロナウイルス感染症対策についての緊急要請

20210903_09522320210903_095316 新型コロナウイルス感染症の第5波の感染拡大が止まりません。兵庫県にも、第4回目の緊急事態が発出されており、姫路市においても感染者が三桁の日が続いたりしています。そのため、議員団として、太田清幸11区国政対策委員長、入江県会議員とともに、姫路市に以下のことを緊急に申し入れを行いました。

 1 国に対して、「原則自宅療養」を正式に撤回するよう求めること

 2 濃厚接触者は、症状の有無にかかわらずPCR検査を行うこと

 3 県と協力して、医療機能を強化した宿泊療養施設を確保すること

 4 事業所、学校、保育園等において、大規模検査を行うこと

 姫路市として、岡本健康福祉局長、毛利保健所長に対応していただきました。とりわけ深刻なのは、感染拡大によって、濃厚接触者と確認されても、無症状者はPCR検査が受けれないことです。民間の力を借りても、いっぱいいっぱいで検査ができないということでした。また、姫路市では、入院が必要な人は、入院ができているとのことではありましたが、保健所の逼迫、医療の逼迫は明らかです。

 引き続き、市民の命と健康、暮らしを守るためにも全力で取り組んで参ります。

焼き場に立つ少年

20210807_11573420210807_1157088月7日の土曜日、新日本婦人の会が市民会館にて、原爆の写真と原爆の話を聞いて高校生が描いた絵の展示会がありました。その中で、釘付けにされたのが「焼き場に立つ少年」の写真です。この写真は、これまでも何回か目にすることはありましたが、改めて戦争の悲惨さ、酷さを象徴する1枚、戦争そのものを凝縮した写真だと思いました。

 このことが胸にさっさていたところ、今日NHKBSで「焼き場立つ少年をさがして」と題して、長崎の原爆投下の特集が放映されました。この写真は、アメリカの軍人カメラマン、ジョージ・オダネルが撮影したものです。彼は、軍の命令で原爆投下後の長崎県内の写真を撮っていましたが、これは、彼が自主的に撮ったものとのことです。また、彼は生前のインタビューに、「原爆投下は、多くの人の命を救ったと言われているが」と問われ、「そういう意見があることは知っているが、罪のない人たちを殺した」と答えています。

 この写真は、直立不動のまま、唇を噛みしめ、じっと前を見据えたまま、死んだ弟を背負った少年。オダネルのメモには、「係りの人が死んだ弟を燃え盛る炎の中に置くと、彼は一目散に、後ろを振り向くことなく立ち去った」としています。報道特集の中で、この少年のその後を追いかけようとしましたが、焼き場の場所はわかりましたが、少年を探し出すことはできませんでした。

 原爆投下から76年。被爆者たちや核兵器廃絶を願う多くの人々の長年の悲願であった「核兵器禁止条約」が発効されましたが、日本政府は未だに署名、批准しようとしません。今度の総選挙では、核兵器禁止条約を締結する政府をつくっていこうではありませんか。私もがんばります。

市内視察

20210721_095423162700367588420210721_143248 21日は、共産党議員団として、市内視察を行いました。いつもでしたら、この時期は、委員会等の視察がある時期ではありますが、コロナ禍のため昨年から取り止めになったままです。そのため、議員団として、市の施策を確認、学ぶことを目的に、林田チャレンジ農園、アクリエひめじ、平和資料館、ぷち た ぷちの4ヵ所を回りました。

 チャレンジ農園では、実際、農業就労を目指している方ともお話しを聞くことができました。農業をしようとしても、ノウハウや立ち上げ費用の問題などがありますが、こうしたチャレンジの場があると、「先ずは、やってみよう」と取組やすいとのことでした。

 アクリエひめじでは、名誉市民を受賞された、故高田賢三さんの業績を偲ぶ展示会を見学しました。多くの方が足を運ばれていました。コロナに感染しなければ、まだまだお元気でご活躍されたと思うと、とても残念です。こうした展示会を通して、多くの方々にアクリエひめじを知ってもらうことは、意義のあることだとも感じました。

 平和資料館は、何回も行っていますが、説明を聞きながら、こんなにじっくり見たのは、初めてでした。改めて、平和資料館の素晴らしさ、意義、そして平和の尊さを感じました。もっともっと、多くの人、子どもたちに見てほしいと強く感じました。

 最後の、ぷち た ぷちは、フランス語で、ぼちぼちという意味とのことですが、ひきこもりの人たちの居場所です。姫路市の新年度の新規事業として、民間に委託しています。これまでは、「ひきこもり支援イコール就労支援」というところがありましたが、何もしなくてもいい、単に居場所を提供して支援をしていくというところです。ひきこもりは、社会的課題となっていますが、本当に支援は難しいと思います。でも、このように、今までとは違った形で第1歩が踏み出されたのは、良かったです。また、まだまだ周知が必要です。必要な人に、どう情報を届けて行くかが課題です。

 先進事例の視察も大事ですが、足元の視察も大事です。

いよいよ投票日

20210717_11224120210717_120333いよいよ明日は、知事選の投票日です。最後の姫路駅前宣伝です。思い思いに、シンボルカラーのオレンジを身に付け、「金田峰生お願いします」と呼び掛けました。命と暮らしがかかった大事な選挙です。金田さんは、県会議員を1期され、また、国政候補として広い兵庫県をくまなく回り、漁協のみなさんや農民団体の方々、医療関係者の方々など多くの県民のみなさんと会話を重ねてきました。県民の願いがわかる候補者です。兵庫県は、この間行革を進めて、職員の削減や保健所、病床削減を行ってきました。こうした、県民いじめの県政を変えていきたいものです。

Page 1 of 12312345...102030...Last »