ブログ

酷暑から子どもたちの生命と健康を守るための緊急申し入れ

DSC_0407 連日命にかかわる暑さが続いています。総務省消防庁によりますと、7月16日から22日の1週間で熱中症によって救急搬送された患者やは、全国で2万2,647人と発表され、その内、死者は65人に上っています。豊田市では、小学1年生の児童が校外事業の後、死亡しています。本当に、大変な状況になっています。

 この間、知り合いや市民の方々からは、「姫路の小中学校にもクーラーが要るんとちがうか。」「どうなってるですか?」などと声をかけられました。また、神戸新聞でも、小中学校のエアコン設置についての記事が掲載され、神戸市、尼崎市、西宮市など14自治体では、すでに設置されていることが明らかにされました。姫路市は、残念ながら「整備を検討中」ということです。

 これでは、いつになったらエアコンが設置されるかわからず、子どもたちのためにも、また、教員の職場環境の改善のためにも、急ぐ必要があると判断し、本日松田教育長と石見市長に対して、緊急の申し入れを行いました。

 松田教育長は、「スピード感を持って、整備に向け検討していきたい」旨のお話をされました。高馬市長公室長とも懇談を行い、「教育委員会とも相談しながら、財政的なこともあるが、進めた」旨の、前向きな答弁をいただきました。私たちも手応えを感じていますが、見積りや設計などを行って、早くても3年はかかるとのことでした。引き続き、1日も早く実現できるよう、求めて参ります。

第60回自治体学校in福岡

KIMG1165IMG_2259KIMG1179 第60回自治体学校が福岡で開催されました。毎年この時期、全国持ち回りで開催されていますが、議員になって以来毎年のように参加しています。もう何回目の参加かは、忘れましたが、15回ぐらいは参加しているのではないでしょうか。

 一日目は、福岡市民会館で記念シンポジユウムが開催されました。「地域・くらしに憲法をいかす自治体づくり」というテーマで、九州大学名誉教授の石川先生と岡山県真庭市長の太田氏の特別対談が行われました。真庭市は、「里山資本主義」の挑戦と称して、森林資源や地域資源を活かした資源循環、経済循環に取り組み、住み続けられるまちづくりを進めています。太田市長は、真庭市の主人公は「市民」という考え方に基づき、行政の守備範囲は、条件を整えることだと言っています。

 二日目は、「子どもの育ちと自治体政策」という分科会に参加しました。各地域で様々な取り組みが行われています。子どもの貧困は、最終的には国の責任で解決すべき問題ですが、子どもの貧困は、大人が貧困だからです。大人の貧困を解決するには、正規雇用が基本で、真面目に働いたら、普通に暮らせる賃金を保証すべきです。安倍政権が行っていることは、真逆なことばかりです。

 そして、今日三日目は、福岡市民会館で特別講演が行われました。暮らしの現場で国民主権をまもろうー国民主権と地方自治を実現するためにたたかい続けることーと題して、馬奈木弁護士が講演されました。馬奈木弁護士は、水俣病や筑豊じん肺訴訟、よみがえれ有明訴訟などの裁判をたたかってこられた弁護士です。現在77歳でいらっしゃいますが、歴史的な裁判に関わってこられ、一つ一つの言葉に重みがあり、憲法について、より深く学ぶことができました。1時間半の講演でしたが、先生の生きざまが、魂が伝わって来るようなお話でした。

 たくさんの学びと刺激を受けた三日間でした。

金曜日の朝宣伝

15314443710821531444370224 今日は、定例の朝宣伝です。朝から強い日差しが照りつけていました。被災地では、後片付けに追われていると思いますが、この暑さが心配です。豪雨災害後、初めての宣伝となりましたが、救援募金も訴えての行動となりました。駅の北と南と1時間余の宣伝でしたが、5,190円寄せていただきました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。共産党として、責任もって、被災地に届けさせていただきます。

2018年07月12日の記事

KIMG1134 来年の統一地方に向けて、10か月を切りました。政策やリーフレットの作成を進めていますが、ポスターとのぼりができあがりました。暑さもこれから増していきますが、訪問や宣伝に力を入れていきたいと思います。

安富町

KIMG1131KIMG1132 私たち議員団は、今住民アンケートに取り組んでいます。返送は、議会事務局になっているので、毎日20から30通位返ってきています。中には、お名前や住所を書いていただいている方もいます。そういう方は、お礼がてら訪問をしたりしていますが、今日は、安富町まで行って来ました。

 チャイムを押して、奥さんが出てこられ、「お父さん、お父さん、谷川議員さんが来てくれたー」と中に入って行かれました。私は、初めて訪問するのに、なぜこんなに親しげに呼んでくれるのかなーと思っていたら、昔白国住んでいた方で、長女が同級生の方でした。安富に来て20年ということは、20年ぶりの再会でした。こんなこともあるんですねー。うれしい再会でした。

 せっかく安富まで来たので、下村酒造さんに寄ると、「新酒7月11日から発売」とありました。これは、買って帰らねばと思い、いただいてきました。

子どもの生きづらさ

KIMG1112 この度の西日本を中心とした豪雨では多くの死者、行方不明者、被災者が出ました。改めて、亡くなられた方々のご冥福と被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。姫路市でも土砂崩れや一部浸水もありましたが、大きな被害はありませんでした。しかし、被災地での復旧、復興は、これからたいへんな人的、物的、経済的支援が必要です。日本共産党はじめ野党6党は、政府に対して「最優先で対応を」と申し入れを行っています。

 今日(7月10日)の日刊赤旗に「子どもの生きづらさ受け止め」という記事が掲載をされていました。私は、6月議会で「妊娠期からの切れ目のない子育て支援を」ということで、不登校やひきこもりについて取り上げたりしていましたので、関心を持って読みました。そこには、私がこの間心配していたことと同じ事が書かれていました。

 新幹線での殺傷事件、富山での交番襲撃事件、どちらも加害者は、不登校でひきこもりあった事が報道されていました。新幹線での加害者は当初「発達障害者」とも報道されていました。それならば、発達障害や不登校、ひきこもりの子どもたちは、みな凶悪犯罪を犯すのか。不登校やひきこもりの子どもを持つ保護者や支援者は、どんな思いでこのニュースを聞いていたのだろうかと思っていました。

 どちらの事件も死者が出ており、決して許されるものではないと思いますが、加害者の青年も苦しんできたのではないでしょうか。親との関係もうまくいかず、社会のどこにも自分の居場所がなかったのだと思います。全国的にも、姫路でも不登校の子どもたちが増えています。なぜ、学校へ行けないのか。ある教師は、100人いれば、100通りの原因があると言っていましたが、彼らの居場所造りが必要です。この姫路で、不登校の相談・支援、適応指導教室が総合教育センター一ヵ所だけでは、本当に不十分です。せめて、もう一ヵ所早期に実現できるように力を尽くしたいと思います。

 今、安倍政権の元で、私たちおとなも生きづらい世の中になっています。子どもたちのためにも、政治を変えていかなければなりません。未来のために声を上げましょう!!

Page 2 of 10012345...102030...Last »